コミコミ価格で安心のリフォームサービス「リノコ」とは?

   

リノコとは?

どうも、元住宅営業のナツダです。

今回は、セカイエ株式会社が運営するリフォームサービス「リノコ」について解説します。

すぐにリノコのサイトが見たいという方はこちらからどうぞ。
「リノコ」公式ページ

リノコとは?

リノコはWEBでリフォームを販売しているサービスで、リノコが集客を担当して全国の提携工務店や職人が施工する仕組みになっています。

リノコ

リノコの特長を挙げてみましょう。

  • リノコの特長
  • 1、「商品+工事+保証」をセットにした定額コミコミ価格
  • 2、全国どこでも同工事同価格で対応
  • 3、施工実績は累計15,000件以上
  • 4、すべての工事に施工箇所の1年間保証制度を適用
  • 5、施工スタッフにマナー教育を行っている

順番にもう少し詳しく解説しましょう。

1、「商品+工事+保証」をセットにした定額コミコミ価格

リノコでは、リフォームに関わる費用を全てコミコミの総額料金表示にしています。

  • 表示料金に含まれるもの
  • ・材料費
  • ・人件費
  • ・養生作業費
  • ・下地補修、造作費
  • ・撤去費
  • ・廃材処分費
  • ・荷物や家具の移動費(軽微なもの)
  • ・交通費、駐車場代
  • ・工事費用
  • ・保証費用
  • ・諸費用
  • ・消費税

上記はリノコのホームページの記載から書き写しましたが、建築業界経験者の私から見ても「本当にコミコミ(全部入っている)だな!」と思いました。

リフォームの代金は不明瞭な業者が多く、追加につぐ追加になることもあります。コミコミ価格は分かりやすくて安心ですね。

ただし、リフォーム工事はフタを開けてみないと分からないことも多いので、ある程度不測の事態にも対応できる余裕のある(激安ではない)料金設定なのかな?とも感じました。

2、全国どこでも同工事同価格で対応

リフォームの価格は全国「同工事同価格」ではないというのが、建築業界の常識でした。なぜなら、人件費や一部の材料調達費が地域によって違うからです。

それを同じにすると言うのですから、平等価格の極みですね。全国対応で大量にリフォームすることで、地域の価格差をならすことができるのだと思います。

とくに人件費が高い都心部では、とても役に立つ特長です。

3、施工実績は累計15,000件以上

施工実績が累計15,000件以上とは、かなり多い施工実績です。中諸規模の工務店では単独で出せない数字です。

リノコ運営会社にドンドン運営ノウハウが蓄積されるだけでなく、施工スタッフどうしが情報を共有したり、安い仕入れ価格を共有することもできるのではないでしょうか。

リフォーム事例の写真も豊富ですよ。

4、すべての工事に施工箇所の1年間保証制度を適用

責任感のある施工者であれば、とくにアフターサービスの約束をしていなくても1年以内に不良があれば対応してくれます。

リノコでは、それを制度化して義務付けています。これは施工者によるアフターサービスのムラを無くすので、施主にとって大安心ですね!

さらに、キッチン・トイレ・ユニットバス・洗面台といった水まわり機器は、5年間無料保証が受けられます。

5、施工スタッフにマナー教育を行っている

職人はお施主様と会う機会が少ないので、コミュニケーションの質が接客向きでない人もいます。さらに、工事現場の整理整頓や後片付けも、個人によってレベルが大きく違います。

ところが、職人に対するマナー教育となると建築業界ではまだまだ低い水準です。

リノコでは施工スタッフにマナー教育を実施していますので、施主が不快な思いをすることが少なくなります。

リノコは安いのか?

リノコは、いわゆる「リフォーム業者一括見積もり」ではありません。つまり、リフォーム料金を複数業者で比較して決めるのではなく、明示された定額(コミコミ価格)で発注することになります。

だとしたら、リノコ以外に複数社から見積もりを取らなくても大丈夫でしょうか?他社と比較せずとも、じゅうぶん安いのでしょうか?

私は、他社の見積もりも取ってみたらいいと思います。やはり、比較は大事です。しかし、以下の理由で「リノコが他社より安い」ことが期待できると思います。

  • ・無駄な広告宣伝費や営業マンの人件費がない
  • ・大量仕入れによる仕入れ原価の引き下げ

建築会社は、大手になるほどショールームや広告宣伝、営業マンの人件費にたくさんのお金がかかります。しかし、ネットで集客しているリノコには、自前のショールームも営業マンも不要です。

また、リノコの材料仕入れ価格は、通常より大幅に安いようです。

建築業界では、仕入れ原価引き下げのために複数の工務店が同じ卸業者から協同仕入をすることがあります。リノコでも、全国の提携施工会社の仕入れをまとめていると思われます。

リノコの壁紙貼替の参考価格

参考として、リノコの壁紙貼り替えの価格表を載せておきます。

お部屋の広さ スタンダードクロス(税込) ハイグレードクロス(税込)
6帖 (床面積10m²まで) 39,800円 49,800円
7帖 (床面積12m²まで) 47,800円 55,800円
8帖 (床面積14m²まで) 55,800円 61,800円
9帖 (床面積16m²まで) 62,800円 67,800円
10帖 (床面積17m²まで) 69,800円 73,800円
以降1帖ごと (床面積1.6m²ごと) + 4,000円 + 5,000円

出典:リノコホームページのクロス貼り替え料金表より

定額で分かりやすく、しかも安いです。

リノコの運営会社は?

リノコを運営しているのは「セカイエ」という株式会社です。

簡単に会社情報を挙げておきましょう。

設立 2012年12月14日
資本金 3億5,400万円
株主 グリー株式会社
従業員数 62名
本社 大阪府大阪市北区梅田3-4-5 毎日インテシオ12階

※ 2016年3月末現在

セカイエ株式会社は、スマホゲームやSNSで有名なグリー株式会社の参加です。安定したネット事業運営会社ですね。

「リノコ」公式ページはこちら

おすすめのリフォーム見積もりサービス

定額コミコミ価格のリフォームサービス

全国対応の定額リフォームサービスです。

ここがポイント!
 工事費すべて含んだ価格表示
 工事個所には1年間の保証
 大量仕入れによるコストダウン

リノコを運営するセカイエ株式会社はグリーの参加で、大資本を元手に安心のサービスを全国展開しています。工事個所には1年間の保証。住宅設備機器には5年の保証が付きます。

表示されているリフォーム価格は、材料費や人件費、諸経費などすべて含まれたコミコミ価格。地域による価格差もなく、透明な価格設定です。

 - リフォーム会社の選び方