壁紙(クロス)リフォームの費用相場と基礎知識

      2016/08/14

どうも、元注文住宅営業のカイシュウです。

あなたは「部屋を一気に模様替えしたい!」と思われたことありますか?そんなときは、何をして模様替えしますか?家具の買い替えや移動ですか?絵を飾ってみますか?カーテンを買い替えますか?

そういう方法も良いのですが「ずいぶん前と変わった!良くなった!」と感じるには結構お金がかかりそうですね…。

実は、家具やカーテンを買い替えるよりお部屋の雰囲気を劇的に変えられて、もっと安く済む方法があるのです。それは、壁紙(クロス)の張り替えリフォームです。

壁紙の張り替えなら、DIYでやることもできるし内装業者に頼むこともできます。業者に頼んでも、8帖のリビングなら5~7万円ぐらいでできてしまいます。

とういこうとで、今回はお部屋の雰囲気を劇的に変える壁紙(クロス)のリフォームについて解説します。

壁紙(クロス)リフォームの料金の目安

まず、壁紙貼替の料金目安を確認しておきましょう。お部屋の広さごとに料金をまとめると以下のようになります。

6帖(9.9m²)以内 35,000万円~55,000万円
8帖(13.2m²)以内 50,000円~70,000円
10帖(16.5m²)以内 65,000円~85,000円
12帖(19.8m²)以内 80,000円~100,000円
14帖(23.1m²)以内 95,000円~115,000円
16帖(26.4m²)以内 110,000円~130,000円
18帖(29.7m²)以内 125,000円~145,000円
20帖(33.0m²)以内 140,000円~160,000円

壁紙メーカーと聞いてすぐに思いつくのはサンゲツとかリリカラでしょうか。シンコールやトキワもよく使いますね。

壁紙にもいくつかランクがあり、どのメーカーでも1,000円/m²ぐらいの商品が最も多いです。あとは、デザインや機能性の違いで10,000円/m²ぐらいまでいろいろな壁紙があります。

壁紙(クロス)リフォームはどこまでやってくれるのか?

「お部屋の壁紙を貼替える」といっても、いろいろな状況があります。たとえば「壁に穴が空いている」とか「土壁や板壁に壁紙を貼りたい」とか「エアコンの裏はどうするの?」とか…。

壁紙の張り替えを内装業者に頼んだ場合、だいたい以下のことぐらいはやってくれます。

  • ・無料見積もり
  • ・軽くて少量の家具の移動
  • ・養生作業
  • ・古いクロスをはがす作業、廃棄作業
  • ・軽微な下地補修
  • ・コンセントや照明の取り外し(簡単なもの)
  • ・ドアノブや手すり、タオルかけの取り外し(復旧可能なもの)

以下のものは別料金か、内装業者ではできません。

  • ・重い家具や荷物、貴重品の移動
  • ・土壁や板壁、板天井の上に壁紙を貼る場合の下地(大工が必要)
  • ・穴が空いた壁の補修(大工が必要)
  • ・電気工事が要るような照明やコンセントの取り外し(電気工事業者が必要)
  • ・復旧が容易ではない手すりやタオルかけの取り外し(大工が必要)
  • ・床や天井の下地補修(大工が必要)
  • ・エアコンの裏側もクロスを張り替える(電気工事業者が必要)

エアコンや天井直付けの照明器具がある場合、その裏側までクロスを張り替えるには電気工事でエアコンや照明器具を脱着する必要があります。

クロス貼替で大工や電気工事業者が必要になる場合は、内装業者に頼むより工務店とか住宅会社に依頼した方が安心です。

壁紙(クロス)リフォームを成功させるコツ

壁紙選びはとても楽しいです。ですが、選定を間違うととんでもないお部屋になるので想像力とコーディネート力が問われます。

以下にカンタンに壁紙選びのポイントを書いておきます。

LDKの壁紙選びのポイント
・全体的に派手なものを選ぶと落ち着きがなくなる
・派手な壁紙はアクセントとして1面だけに使い、他の3面は落ち着いたものを選ぶ
・アクセントの壁紙は相当派手でも大丈夫!冒険しよう
・天井には方向性のあるデザインの壁紙は使わない!無地かパターンがいい
・天井の壁紙は壁より明るめのトーンがおすすめ
寝室の壁紙選びのポイント
・ダークな色も似合う
・落ち着いた柄物でもOK
・天井の壁紙がダークな色でも大丈夫!方向性のあるデザインはNG
子供部屋の壁紙選びのポイント
・かわいらしい柄物でもOK
・天井に燐光塗料で星が光る壁紙や青空の壁紙も面白い
・1面だけビビッドカラーの壁紙にしてアクセントにするのも合う
・色彩心理学を活用してみる(青→集中力、緑→安らぎ、など)
トイレ・洗面脱衣室の壁紙選びのポイント
・防カビや防水性の高い壁紙がおすすめ
・柄物でもOK!
・天井には方向性のあるデザインの壁紙は使わない!無地か上下左右がない柄がいい
・狭くて暗いことが多いので、明るめの壁紙がおすすめ
和室の壁紙選びのポイント
・土壁に壁紙を貼る場合はまず下地を作る
・板天井に壁紙を貼る場合はまず下地を作る
・和柄の壁紙や、アジアンの無地、塗り壁調などが合う
・襖の上にもクロスが貼れる

リフォームでは壁紙をはがして新しい壁紙を貼るわけですが、新築時と違ってデコボコしたところが出てきます。できるだけ厚手のものやボコボコ浮き出た柄の壁紙を選ぶ方が、下地のデコボコを隠せます。

国内メーカーのほとんどは、A4サイズぐらいの壁紙サンプルをくれます。カタログだけでは分かりにくいので、ホームページや電話で問い合わせてサンプルをもらいましょう。


壁に貼られた壁紙は、サンプルで見るより明るく鮮やかに見えます。
少しくすんだ色でも、思ったより明るくなります。ホワイト調のお部屋にしたければ、真っ白よりオフホワイトぐらいの壁紙が丁度いいです。

おすすめのリフォーム見積もりサービス

定額コミコミ価格のリフォームサービス

全国対応の定額リフォームサービスです。

ここがポイント!
 工事費すべて含んだ価格表示
 工事個所には1年間の保証
 大量仕入れによるコストダウン

リノコを運営するセカイエ株式会社はグリーの参加で、大資本を元手に安心のサービスを全国展開しています。工事個所には1年間の保証。住宅設備機器には5年の保証が付きます。

表示されているリフォーム価格は、材料費や人件費、諸経費などすべて含まれたコミコミ価格。地域による価格差もなく、透明な価格設定です。

 - リフォーム相場